【不思議な錯覚!】錯視やだまし絵制作中!

錯視、だまし絵、かくし絵、錯覚アートの制作ユニット、おまけたらふく舍です。Copyright © OMAKETARAFUKUSYA. All rights reserved

騙し絵

錯視イベントの告知です!

イベント告知です。 茨城県のつくば市にあるつくばエキスポセンターにて 企画展「世にも不思議な美術展〜トリックアートの世界」が 3月末から5月20日まで開催されています。 このイベントのだまし絵クイズコーナーにて、 おまけたらふく舎の作品が展示されて…

知覚の混乱2

前回のエントリーに続き、今回も間違い探しです。 またゲシュタルト崩壊と戦ってください。 それでは下の画像から10秒以内に 「庄ではない」文字がいくつあるか見つけてください。 正解はこちら(クリックで拡大)→ さて、みなさんの観察力はいかがですか? …

知覚の混乱

今日のエントリーはいつもとちょっと違います。 おまけたらふく舎で扱うのは初めてかもしれません。 まずは文字がたくさん並んだ画像をご覧ください。 ちょっとした間違い探しです。 10秒以内に、この中の仲間はずれを見つけてください。 どうでしょう?うま…

ヘビの行進

春も本番! じっとしていられなくなって もぞもぞとヘビたちが大行進です。 いやいや、まってください。 この画像はjpgの静止画像です。 はい、これも動いて見える錯覚、 フレイザーウィルコックス錯視の応用ですね。 この錯視画像を作るには、オブジェクト…

逆さ絵のススメ

今日のエントリーは逆さ絵です。 同じ絵が180°ひっくり返ると 別のものとして見えるだまし絵、それが逆さ絵です。 ちょっと気取った感じの若者、 これが逆さまになると・・・ 優しそうなおじいさんに! このような逆さ絵は、比較的描くのは難しくありません…

大きいのはどっち?

キャッシュレス化が進む現代で あまり見かけなくなったものにガマグチがあります。 個人的にあのデザインは好きなのですけどね。 さて、では今回のエントリーはガマグチで錯視。 大きいのは赤?それとも青? これはジャストロー錯視の応用です。 正解はこち…

日向ぼっこのヘビ

ヘビが春を待ちかねて日向ぼっこしています。 赤いヘビ、青いヘビ、グリーンのヘビ、 さてどのヘビが一番長いでしょうか? ヒント:これはザンダー錯視という現象がおこっています。 答はこちらをクリック→ ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。…

白い猫、黒い猫

今日のエントリーは猫をモチーフにした錯視です。 白い猫ちゃんと黒い猫ちゃん、大きいのはどっち? かなり基本の錯視です。わかったかな? 正解はこちらをクリック→ 色というのは大きさの認識に大きく影響するのですね。 ↓他にも錯視やトリックイラスト作品…

かくし絵パズル

以前にも採用していただいたのですが 西日本で有名なファミレス、ジョイフルさんで 私どものかくし絵を採用していただきました。 お子様メニューのおまけになっています。 ジグソーパズルを楽しんだ上、出来上がった絵柄の かくし絵を楽しむという贅沢仕様で…

謹賀新年

あけましておめでとうございます。 本年もおまけたらふく舎の錯視、だまし絵をよろしくお願いいたします。 ご挨拶とともに、年賀画像をアップします。 錯視ファンにはおなじみ、クレーター錯視です。 砂地についた犬の足跡です。もちろん足型に凹んでいます…

年賀状の季節がやってまいりました。

いよいよ師走、毎年頭の痛い年賀状の季節ですね。 おまけたらふく舎もこういった仕事をしておりますので それなりにヒネリのある年賀状を関係諸兄に制作しているのですが もちろんブログ読者の方々もご苦労されているかと思います。 そこで。 私どものクレジ…

増刷のお知らせ

私どもおまけたらふく舎の著書、 「だまし絵×立体がすごい!」が またまた増刷となりました。 版を重ねること4回目、おかげさまで ロングセラーとなっているようです。 今後ともよろしくお願いいたします。 だまし絵×立体がすごい! 3Dアートの描き方 作者: …

いちばん大きなハンバーガー

ちょっと錯視の古典的技法で遊んでみました。 今日のランチはみんな大好きなハンバーガーです。 さて、いちばん大きなハンバーガーはどれでしょう? このサイトの読者さんならもうお判りですよね? ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・…

掲載誌のお知らせ。

小学館発行の学年誌、小学一年生12月号にて おまけたらふく舎が作品を制作させていただきました。 発売は11月1日です。 宜しくお願い致します。 ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍でした。

世界一受けたい授業

台風です。みなさんご無事でしょうか? さて、先週末の土曜日、番組OAされました。 そこそこスタジオではウケたようですが 皆さんはいかがだったでしょうか? ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍でした。

テレビ番組にコンテンツ提供!

テレビ番組のお知らせです。 おまけたらふく舎のコンテンツが 人気番組「世界一受けたい授業」にて紹介されます。 www.ntv.co.jp 放送は10月21日、2時間スペシャルです。 どんな作品かは見てのお楽しみ! ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 …

ハロウィン!

今回のエントリーは隠し絵。 最近、日本でも大きな盛り上がりを見せている ハロウィンをテーマに制作しました。 PCで閲覧している方は「首を横に振りながら」、 スマホやタブレットの方は端末を横に振りながら 画像を見ると・・・。 何が隠れていましたか? …

走りやすい道はどれ?

今日のエントリーは歪んで見える直線。 ドライブに行きたいのですが、凸凹道はちょっと苦手。 綺麗な走りやすい道はどれでしょうか? よーく見てください。 これはフレイザー錯視の応用で、 ちょっとひっかけ的に制作しています。 おまけたらふく舎ブログの…

お月見でステレオグラム

台風一過、どことなく秋の気配が近づいています。 ということで今回のモチーフは秋分の日、 ステレオグラムでお月見しましょう。 ステレオグラムの見方はこちら。 さて、綺麗に立体視できましたか? ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・…

不可能図形

ちょっと戯れに不可能図形を制作。 錯視の基本中の基本ですが やはり不思議ではあります。 ゲートをくぐり抜ける自動車、 でもなんだかおかしいゲートです。 実際にはありえませんね。 ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・だまし絵制作…

またも新刊のお知らせ!

学研さんからの新刊です。 先頃お知らせのだまし絵1ねんせいに続き、 おまけたらふく舎がコンテンツのほとんどを手がけた だまし絵ようちえんが発売されます! だまし絵ようちえん 作者: 竹内龍人 出版社/メーカー: 学研プラス 発売日: 2017/08/23 メディア:…

小学図書館ニュースにてご紹介いただきました!

おまけたらふく舎が「小学図書館ニュース」にて紹介されました! これ、学校の図書室等に掲示されているので ご存知の方も多いと思います。 作品と顔写真!!著書も合わせて掲載いただいています。 また一般生徒には公開されませんが 先生方向けの復読資料に…

傾きが大きいのはどっち?

久しぶりの作品です。 左右の写真で、ビルの傾きが大きいのはどっち? 右側が大きく傾いて見えますね。 でもやはりこれも錯覚。 左右の写真は全く一緒、ビルの傾きも同じなのです。 これは一般に「斜塔錯視」とも言われているようです。 ビルの左右の「辺」…

不思議なドア!-3Dアート

3Dアートを作ってみました! タイトル「不思議なドア」 机の上に不思議なドアがあってそこから小さい動物が出て来たら楽しそうだと思い 制作しました。 違う角度から見ると… ドア部分は、コピックを使ってみました。 実際に描き方を動画にしてみました! 【…

9割の人が答えがわかる隠し絵-初級編

ライオンの絵の中に何が隠れている? どうでしょうか?すぐにわかりましたでしょうか? 名刺に使っている隠し絵で、 今まで9割の人が、渡すとすぐに答えがわかりました! 1割は1週間くらいでわかり、中には3ヶ月考えた方も… メールで問い合わせをする方…

同じ色に見えなくなる

一時期ネット上を騒がせた「青いドレス」の錯視、 みなさんおぼえていますか? で、本日は基本的にそれと同じ原理の錯視画像です。 4つのキューブのうち、AとDは全く同じ色です。 ですが、ちょっと見方を工夫して下さい。 AB、CDをそれぞれ左右一組として 画…

日曜大工で錯視?

今日のエントリーは「日曜大工」! まっすぐ打った釘が、どうしても曲がっちゃう? ・・・いえいえ、大丈夫。 釘は真っ直ぐ打てています。 斜めになって見えるのは錯覚です。 これはツェルナー錯視が影響しています。 木目の斜め線が、釘の見え方に干渉して…

エニグマ錯視

今日のエントリーはエニグマ錯視。 おまけたらふく舎ではあまり作っていなかったのですが ちょっといい図案を考えたので掲載します。 昔の自転車、その前輪に錯視が発生しています。 これは運動錯視(静止画なのに動いて見える)の一種で グレーのリングの部…

多義図形の試作品

ちょっと遊びで制作。 いわゆる多義図形ですが どこに注目してしまうかがポイント。 いつもはカラフルに多色で作るのですが シンプルな色使いで制作してみました。 さて、読者の皆さんならもうお判りですよね? ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示…

チェッカーシャドウ錯視

今日のエントリーはこちら。 二匹のネコ、座っている床のタイルは 実は全く同じ色って本当でしょうか? これはチェッカーシャドウ錯視といいます。 そのタイルの色を、周囲の色と比較してしまうことで 絶対的な色味を錯覚してしまう現象です。 では正解はこ…