【不思議な錯覚!】錯視やだまし絵制作中!

錯視、だまし絵、かくし絵、錯覚アートの制作ユニット、おまけたらふく舍です。Copyright © OMAKETARAFUKUSYA. All rights reserved

初夏のツバメ

梅雨の晴れ間の青空に

飛び交うのは初夏のツバメ。

果たして真っ直ぐ飛んでいるのはどのツバメでしょう?

初夏のツバメ

どのツバメも少し蛇行して見えますが、、、、、

本当の軌跡はこちら→ツバメの軌跡※クリックして拡大して下さい。

 

↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。

錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍でした。

おまけたらふく舎公式サイト←おまけたらふく舎公式サイト

 

6月になりまして

いよいよ6月、梅雨の季節です。

ということで今回はアジサイモチーフの錯視を再掲。

下の画像をご覧ください。

中心のカタツムリに集中して見つめていると

なんと、まわりのアジサイが消えてしまいます!

 

 

 

うまく消えない?それはまだまだ集中力が足りないのです。

 

↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。

錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍でした。

おまけたらふく舎公式サイト←おまけたらふく舎公式サイト

 

街中で見かけた顔?

今日のエントリーは例のアレ、

顔じゃ無いものが顔に見える錯視、シミュラクラ現象です。

ということでこちら。

シミュラクラ現象

とある住宅街で見つけたのがこれです。

いかがでしょう?小窓が目、筋交が眉にも見えるような?

皆さんの周りでも探してみてくださいね!

 

↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。

錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍でした。

おまけたらふく舎公式サイト←おまけたらふく舎公式サイト

カエルの季節

そろそろ梅雨入りが近くなってきました。

ということで今回は雨降りのカエルがモチーフです。

雨降りのカエル

激しい雨降りの中、色違いのカエルが4匹。

全部色が違って見える?

いえいえ、手前の格子模様のせいでそう見えるだけ。

格子を取り払うと全部同じ色のカエルなんです。

雨降りのカエル2

これはムンカー錯視といいます。

ものの色や形は一見しただけでは判らない物ですね。

 

↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。

錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍でした。

おまけたらふく舎公式サイト←おまけたらふく舎公式サイト

 

 

ダズル迷彩のこと

以前にダズル迷彩について二つ記事を書きました。

https://omaketarafuku.hatenablog.com/entry/20120520/1337497774

https://omaketarafuku.hatenablog.com/entry/2016/09/19/110520

今回、わかりやすくモデルを作りましたのでまずこちらをご覧ください。

ダズル迷彩

ダズル迷彩を施された何かの物体。

どういう形状かは一目では判りにくくなっています。

 

では今度はその正体。

ブロック

実体は実にシンプルな形状です。

では並べて見比べてみましょう。

ダズル迷彩の効果

これだけ見え方に違いがあります。

右は各面の光の当たり方の違いでその形状がよく判りますが

左はコントラストの強い模様の影響で光の具合がよく判らなくなっています。

さらに模様自体もランダムなため立体物の「角」がどこにあるのかも

曖昧になってしまい、正しい形状が把握できなくなってしまうのです。

迷彩色というと目立たないように周囲に溶け込むような

色や柄を使うのが一般的なものですが

ダズル迷彩はあえて目立つ強烈な柄で誤った視覚情報を与えるという

非常にユニークな仕組みなのです。

 

↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。

錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍でした。

おまけたらふく舎公式サイト←おまけたらふく舎公式サイト

立体写真(ステレオグラム)

今日のエントリーはステレオグラム

ちょっと出かけた先の建造物、階段の造形が

立体写真に向いていそうだったのでパチリ。

立体写真

なかなかの立体感だと思いますがいかがでしょう?

 

ステレオグラムの楽しみ方はこちら↓

http://www.omake-t.com/stereo.html

 

↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。

錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍でした。

おまけたらふく舎公式サイト←おまけたらふく舎公式サイト

赤い自動車は幻か

今日のエントリーはこちら。

のどかな農道に停まっている赤い乗用車。

幻の自動車

いやいや、ちょっと待ってください。

拡大表示してよ〜く見てください。

「赤い」乗用車は存在していません!

 

これは以前のエントリー↓のこちらと似た原理なのです。

omaketarafuku.hatenablog.com

↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。

錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍でした。

おまけたらふく舎公式サイト←おまけたらふく舎公式サイト