読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【不思議な錯覚!】錯視やだまし絵制作中!

錯視、だまし絵、かくし絵、錯覚アートの制作ユニット、おまけたらふく舍です。Copyright © OMAKETARAFUKUSYA. All rights reserved

身近な錯視(文字)

前回のテーマの続きです。

前回は「麒麟」という文字が表意文字であるがため
多少のデフォルメがあってもおおよその形があれば
その意味が伝達出来るというお話でした。

近年、新しい表意文字によって
錯視現象が効果的に利用されているのに皆さん気付いていますか?

そう、あの顔文字です。

(・∀・)

比較的単純な文字や記号を組み合わせ、
表情を持った顔に見せかけています。
それ単体では単なる点や記号がある規則性を持つ事で
あの「シミュラクラ現象」を引き起こしているのです。

これはビックリヾ(゚Д゚)ノ

日本は表音文字のカナと表意文字の漢字を
組み合わせて使う文字文化のせいか
比較的顔文字に抵抗が無く、バリエーションが豊富です。

一方、表音文字中心のアルファベット文化圏ではどうでしょう?

:)
:-D
8-)

・・・どうやらこういった物が主流のようです。
どういう訳か90°横に倒れています。
やはり日本ほど豊富ではなさそうですが
表音文字文化圏でも新しい表意文字的な使い方がされています。
なかなか興味深いですね。

さて、ひとつの文字を見続けていると
それがどういう文字なのか混乱してくる
ゲシュタルト崩壊という現象もあるのですが
長くなりそうなのでまたいずれ。

錯視、だまし絵、トリックイラストのおまけたらふく舍でした。