読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【不思議な錯覚!】錯視やだまし絵制作中!

錯視、だまし絵、かくし絵、錯覚アートの制作ユニット、おまけたらふく舍です。Copyright © OMAKETARAFUKUSYA. All rights reserved

身近な錯視シリーズ

まるっきり見落としていた錯視に
先日やっと気付きました。

いかがでしょう?
これはとあるパソコンのフォントを拡大したものです。
なんと書いてあるか判りますか?
そう「麒麟」と書いてありますね。
・・・でもなにかおかしい。
そう文字の形、特に画数が足りない。
↓こちらで正しい文字と比較して下さい。

ずいぶん簡略化してあるのが判ります。
でもふだん無意識にパソコンを眺めているときは
文字の形のおかしさにはほとんど気付きません。

漢字はいわゆる「表意文字」です。
アルファベットのような「表音文字」と違い
ひとつの「絵」のような機能を持っています
そのため激しくデフォルメ(簡略化)されても
意味そのものは表現出来るのです。

文字による錯視トリックの話は面白いので
次回もこの話をしてみようかと思います。

錯視、だまし絵、トリックイラストのおまけたらふく舍でした。