読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【不思議な錯覚!】錯視やだまし絵制作中!

錯視、だまし絵、かくし絵、錯覚アートの制作ユニット、おまけたらふく舍です。Copyright © OMAKETARAFUKUSYA. All rights reserved

動いて見える錯視

前回に引き続き、動いて見える静止画像です。 これも大変よく「動いて見える」オプアートです。 本来、ウォーターマークなど入れると 動きを邪魔しがちなのですが ものともせずに動いて見えます。 ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・だ…

動いて見えるオプアート

静止画なのに動いて見える! 今日のエントリーは 久しぶりに動いて見える錯視です。 いわゆるオプアートという物ですね。 jpg形式なので動くはずは無いのですが ゆっくりと回転して見えてしまいます。 制作のポイントは・・・秘密です。 ↓他にも錯視やトリッ…

逆転移動錯視

今日はgifアニメをアップします。 (PCでないと、うまく動かない場合があります) サルのキャッチボール、右から投げて・・・おや? 左から投げている?? ボールは右から左に飛んでいるのか 左から右に飛んでいるのか、 見ているうちになぜか逆転してしまい…

雑誌付録で錯視作品

小学二年生(小学館)の綴じ込み付録 小学館発行の「小学二年生 12月号」(11月1日発売) において、綴じ込み付録のお仕事をさせていただきました。 小学二年生編集部員(という設定)の ペッパーがペーパークラフトに! これを組み立てると、不思議な「首振…

 3D、立体視を簡単に!

簡単に出来る立体視 一般に立体視は3Dメガネを使ったり ステレオグラムのように平行法や交差法などの ちょっとコツがいる見方が必要です。 でも今回はとっても簡単。 片目をつぶって、もう一方の目で この画像をよ〜く見て下さい。 ね?画像に「奥行」が感…

動いて見える錯視の新作

動いて見える錯視の新作 久しぶりに動いて見える錯視、もちろん静止画像です。 いわゆるオプアートの体裁です。 具象だと限定されてしまう事が多いのですが オプアートのデザインにすると かなり自由度が大きくなりますね。 クレジットが「これでもかっ」と…

奥行逆転錯視のペーパークラフト

奥行逆転錯視のペーパークラフト youtu.be 奥行逆転錯視の技法でペーパークラフトを作ってみました。 カメラに向かって首を向けて来るのは何故でしょう? ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍でした。

自然の造型に見る錯視

自然の中の錯覚 人工的に錯視を作らなくても 自然の造型に錯覚をおこす場合があります。 こちらの写真をご覧下さい。 これは、とある山あいの小川にある石です。 偶然出来た小さな穴の配列が シミュラクラ現象、あるいはパレイドリア効果をおこしています。 …

隠し絵の新作

かくし絵の新作を公開! 今日のエントリーは隠し絵です。 描き下ろしの新作です。 まずはご覧下さい。 ちょっとした風景画ですが、 もちろんトリックを使っています。 この絵の中に歴史上の人物が4人隠れています。 さて、いったい誰が隠れているかわかりま…

またまたまたテレビでご紹介。

またもやテレビ番組で錯視作品のご紹介! 先程テレビ番組「世界まる見え!テレビ特捜部」 (日本テレビ系列、2015年日8月24日)にて おまけたらふく舍制作の錯覚コンテンツが放送されました! ↑こちらですね。 では同様のスキャニメーション技法の既存作品を…

テレビ番組で公開

またまた錯視作品がテレビで公開されます 昨晩のフジテレビ系列の番組、EXILE CASINO JP(8月20日深夜)は 見ていただけましたか? おまけたらふく舍の隠し絵コンテンツ、 楽しんでいただけたでしょうか? さて、またまたテレビ関連のお仕事です。 「世界まる…

残暑お見舞い申し上げます

残暑お見舞いも錯覚アートで! 今年は暑いですね〜。 少しでも涼しげな作品を再掲いたします。 じっくり見ていると、あぶくが上がったり下がったりと ユラユラ動いて見えます。 もちろんこれは静止画像で、動画ではありません。 う〜ん、海に行きたいなあ。 …

2種類の錯視

二重に錯視のトリック! 今回の作品は、2つの錯視を組み合わせたトリックイラストです。 知っている人は知っている、「ネッカーの立方体」とか 「ネッカー錯視」と言われている物です。 赤い面と青い面、どちらが手前でどちらが奥か ながめていると混乱しま…

簡単な錯視の制作方法

今日のエントリーは、簡単な錯視の制作です。 これならどなたでも簡単に作れると思います。 まず、街角のマンションを発見。これ、イイですね〜。 なにがイイかと言えば、その外壁タイル。 その壁面を正面から撮影。 そして画像をクローズアップ。 そして、…

夏休みの宿題に錯視やだまし絵はいかがでしょう?

まだ梅雨明け前ですが、もうすぐ夏休みですね。 夏休みの宿題や自由研究に錯視やだまし絵はいかがでしょう? おまけたらふく舍から、そんな時にピッタリの本をご紹介します。 だまし絵×立体がすごい! 3Dアートの描き方 こちらの本は大変好評をいただいており…

街角の錯視

ちょっと散歩をしていて見つけました。 「顔に見える錯覚」です。 非常に身近なパンジーの寄せ植えですね。 パンジーの種類にもよりますが、これは「顔」っぽい。 天然の造型ですがパレイドリア効果というより シミュラクラ現象の影響が強いと思います。 花…

明日放送予定!

テレビでおまけたらふく舍の作品が紹介されます! 告知です。明日、2015年6月19日(金)放送のテレビ番組、なんでもワールドランキング ネプ&イモトの世界番付2時間スペシャル(日本テレビ系列でよる7時00分~9時00分)にておまけたらふく舍のだまし絵コンテ…

かくし絵の新作

久しぶりにかくし絵の新作です。絵の中に何かが隠れています。 よ~く見て探して下さいね。↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視、トリックイラスト、だまし絵制作のおまけたらふく舍でした。

ポップコーンに隠れているのは?

ポップコーンで隠し絵 シミュラクラ現象やパレイドリア効果の応用で ちょっとしたかくし絵を作ってみました。 ポップコーンに何かが隠れています。 ヒントは「4人」。 とりあえず答えは後日。 ゆっくり見つけて下さいね。 錯視、トリックイラスト、だまし絵…

絵本をご紹介するダイジェスト版の動画

錯視やだまし絵、かくし絵で どのように昔話の絵本を作ったのか なかなか判りにくいかな? と思ったので 動画でダイジェスト版を作ってみました。 だまし絵・かくし絵で楽しむ「三まいのおふだ」 - YouTube 実際より画像が小さくなってしまうのですが 楽しさ…

古都にある錯視(1)

先日、仕事で京都に行ってきました。 ついでに前から気になっていた錯視物件を見学しました。 さて、ここはどこだか判りますか? そう、枯山水の庭園で有名な龍安寺です。 実はここ、錯視技法が使われていると言われているのです。 どういう錯覚かは旧ブログ…

だまし絵・かくし絵で楽しむ日本の昔話発売中!

おまけたらふく舍の著作、新刊絵本のお知らせです。 かぐやひめ (だまし絵・かくし絵で楽しむ日本の昔話) 旬報社さんから今月発売となりました! これはだまし絵・かくし絵で楽しむ日本の昔話、 全三冊のシリーズで他にすでに発売中の二冊があります。 こち…

動く錯視の新作です。

さて、今日は動く錯視の新作です。 ロウソクの光がゆらゆらとうごめいています。 もちろんこれは錯覚で、実際には単なる静止画像。 このブログの読者の皆さんはもうおなじみの技法です。 錯視には色々なものがありますが 単なる図形ではなくイラスト作品とし…

部屋の中に「顔」!

今日は久しぶりに部屋の中で見つけた錯視です。 これ、なにかといえば床にあるドアストッパー。 ちょっとおどけた顔に見えますね。 これは典型的なシミュラクラ現象です。 皆さんも身近な所に隠れた錯視を探してみて下さい。 錯視、だまし絵、トリックイラス…

錯覚アートの本、新刊のお知らせ!

おまけたらふく舍の著書、新刊のお知らせです。 再びトム&ジェリーとのコラボレーションです! トムとジェリーのびっくりトリックアートミュージアムです。 さて新刊ではありますが、コンテンツは ようこそトリックアート・ハウスへや びっくり!!トリックア…

年賀状に錯視はいかが?

いよいよ今年も残り僅か。 年賀状の準備はお済みですか? おまけたらふく舍ではみなさんにご利用いただけるように 年賀状の素材を用意しました。 違って見えますが、左右の羊は全く同じ色です。 これは色の恒常性という錯視現象です。 自由にお使いいただけ…

自然の中にある錯覚造型

以前のエントリーで触れたパレイドリア効果を またひとつ見つけました。 今回は昆虫です。 (虫嫌いな人にはゴメンなさい) どうみても人の顔に見えてしまいます。 シミュラクラ現象、あるいはパレイドリア効果が 強く作用しています。 これは人面虫と呼ばれ…

カフェウォール錯視を応用してみました。

錯視の古典にカフェウォール錯視というものがあります。 ↑こちらです。 みなさんご存知ですよね? 白と黒のブロックの並びが歪んで見えますが、 実はちゃんと平行です。 で、今日はこれを応用したものを作ってみました。 いかがでしょう? 放射状の線が歪ん…

またまた小学館の雑誌に錯視作品提供!

またまた小学館の雑誌に作品を提供させていただきました! superてれびくん烈車戦隊トッキュウジャーイマジネーションおあそびブック!! ・・・長いタイトルの雑誌ですね。 カラー作品、モノクロ作品で計8点ほど掲載されております。 ご近所の書店、アマゾ…

町に潜む「顔」の錯視

寒くなってきましたね。 さて、今回は久しぶりの錯視、シミュラクラ現象です。 そのデザイン、形状が意図せず顔にみえてしまう錯覚ですね。 ああ、もう顔にしか見えない。 皆さんも街中や家で シミュラクラ現象を探してみましょう! 錯視、だまし絵、トリッ…

錯視オブジェクトでビデオ制作

錯視の古典、ペンローズの三角形をご存知ですか? ↑はい、これですね。 角の接合部分に注目して見ると 構造物としてありえない形になっています。 こういったものを総称して不可能図形といいます。 はたして本当に制作は不可能でしょうか? ・・・ということ…

錯視も秋っぽく

秋も深まってきましたね。 そこで今回は紅葉をモチーフにした錯視です。 紅葉が始まったモミジ、右上と左下では 色づき具合が違って見えます。 ですが、これらは全く同じ物なんです。 背景のグラデーションが影響して 色の濃度が変わって見えているのです。 …

錯視の古典「ジャストロー錯視」を考察

今日は古典的錯視の考察をしてみます。 下の画像をご覧下さい。 古典的な錯視「ジャストロー錯視」です。 上のバナナに比べ、下の方が大きく見えますね。 でも本当は全く同じ大きさなのです。 なぜこのような錯覚がおきるのでしょう? 今度はバナナのみ、並…

だまし絵絵本、新刊のお知らせ

おまけたらふく舍の著作、新刊のお知らせです。 以前出版のうらしま太郎に続くシリーズで 昔話の「三枚のお札」を出させていただきました。 もちろんおまけたらふく舍の作品ですので だまし絵、かくし絵、錯視、錯覚アートが山盛りです。 お子様だけでなく、…

顔に見える錯覚!

今日は久しぶりに「顔に見える」錯視、 いわゆるシミュラクラ現象について。 出かける時はなるべくカメラを持ち歩いて 街中で「錯覚」を探すようにしているのですが ちょっと傑作が撮れたのでご紹介。 段ボール箱なのですが、 もう「顔」にしか見えません。 …

写真を使ったステレオグラム

いままでイラストを使って ステレオグラムを作ってきていますが 今回は写真によるステレオグラムを 作ってみました。 この画像にはバイクが「二台」見えます。 これが「三台」に見えるように 目のピントを合わせてみて下さい。 感覚的には下記図のように 対…

色の対比を利用した錯視

今日のエントリーは 色の対比を利用した錯視アートです。 画像の中のツバメとネコ、 実は全く同じ色(濃さ)なんです。 人間は対象物を常に周囲の状況と比較して認識しています。 この場合ツバメ、ネコをそれぞれ背景の チェッカー模様の色と対比して認識し…

かくし絵の新作

以前から、縦格子を利用したかくし絵を作ってきました。 例えばこんなタイプ。 画像を左右に振る、あるいは顔を左右に振ると ハートの形の中に「あるもの」が見えてきます。 さて、縦格子以外にこういった技法は なんとか作れないか?と いろいろ試行錯誤し…

老舗の雑誌、小学一年生に錯視作品提供!

先日、小学館の学年誌「小学一年生」に おまけたらふく舍の錯視作品を提供させていただきました。 今回は作品提供のみならず ささやかながら監修もやらせていただきました。 なかなか良い作品をお出し出来たかな、 と思っております。 書店等でお買い求めの…

波紋の錯視

もうすぐ九月ですが、まだまだ残暑が厳しいですね。 そこでちょっと涼しげな錯覚アートをアップします。 冷たーい水で冷やされたトマト、美味しいですよね〜。 さて、そのトマトの波紋、なんだか歪んで見えますが 実はこれ、キレイな同心円なんです。 グニャ…

かくし絵の新作

暑いですね〜、なかなか夏は終わりません。 さて、今日はかくし絵の錯覚アートです。 夏と言えば・・・・これがヒント。 あれ?メロンかな? PCでご覧の方は頭左右にを振りながら、 タブレットなどでご覧の方はタブレットを 左右に振りながら見てみて下さい…

錯視・だまし絵の本、新刊のお知らせ

おまけたらふく舍の著書、新刊のお知らせです。 決定版!トリックアートベストセレクション、 トムとジェリーのたのしいトリックアートワールド、 と、 二冊一気に発売いたしました。 今回はあのトムとジェリーとのコラボレーションもあります。 さて新刊では…

真夏で錯覚アート

暑い日が続いていますが、皆さんお元気ですか? 今日は夏をモチーフに錯覚アートをアップします。 ひまわりの格子模様がピカピカ点滅して見えませんか? 暑さの影響で錯覚がおきているのではありません。 これはきらめき格子という錯視現象です。 同じ技法を…

エッシャーに追いつけ!

こんにちは、錯視、錯覚アート、だまし絵、 トリックイラスト制作のおまけたらふく舍です。 トリック系の大御所と言えばエッシャーが有名ですね。 そこでちょっとおまけたらふく舍も頑張ってみました。 この技法はエッシャーなどの作品で有名な「変容」です…

大きさの錯視

写真を使って大きさの錯視トリックです。 三台のスクーター、大きさが全く違って見えます。 でも例によって三台は全く同じ大きさです。この三台の大きさの差異は、周辺情報を脳が分析し 対象物の大きさを推定しているのです。ではそういった「情報」を取り去…

消えてしまう絵!の錯視

梅雨入りしましたね。 毎年の事ですが、雨が続くのはあまりうれしくありません。さて、では季節に合わせたモチーフの錯視トリックです。アジサイとカタツムリの絵です。 画像をクリックして拡大し、 中心のカタツムリを集中して見つめて下さい。 集中力が強…

錯視アートの新作(続き)

前回の錯視アートの続きです。 色の組み合わせパターンを変えて実験。さらに・・・いかがでしょう? やはり放射光のような錯覚が見えます。 色の組み合わせと形状が錯視を生んでいるようです。面白いオプアートなのですが これをイラストに昇華させるのは難…

テレビ番組にて紹介

皆さん、ご覧いただけましたか?本日放送の日本テレビの番組、『スクール革命!』にて おまけたらふく舍の隠し絵作品が紹介されました。 放送は終わったので、あらためて作品をアップします。この絵の中にタレントさんが4人隠されています。 ゆっくり探して…

久々に動いて見える錯視の新作

久々に動いて見える錯視の新作です。いままでは拡散、回転、それぞれ 別の錯視を制作していましたが 今回は両方の動きを同居させてみました。いかがでしょう? 螺旋に回転して見えるでしょうか。まだちょっと拡散の方が強いかな?錯視、だまし絵、トリックイ…

前回の錯視をさらに発展させると

前回のジグザグ錯視の応用です。 平行配列ではなく、リング状に配列してみます。これもまた効果が大きいですね。 ではこの配列ピッチも変えてみます。間隔をあけると、それはそれで効果が出ています。 でもこれはかなりフレーザー錯視に近くなっていますね。…