【不思議な錯覚!】錯視やだまし絵制作中!

錯視、だまし絵、かくし絵、錯覚アートの制作ユニット、おまけたらふく舍です。Copyright © OMAKETARAFUKUSYA. All rights reserved

錯覚アート

部屋の中にあった「顔」

おなじみ、シミュラクラ現象のコンテンツです。 顔でないものが顔に見えてしまう錯視ですね。 うっかりしていたのですが、自分の部屋の中にそれはありました。 カラーボックスに使うダンボールの引き出し、 リベットと引き手がちょうどシミュラクラ現象の要…

もうすぐあのイベント!の隠し絵

日本でもすっかり定着したあのイベントがもうすぐ。 以前にも掲載しましたが、 隠された画像から、なんのイベントか当ててください! さて、なんだかわかりますか? ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍…

うごめく錯視

前回、前々回に引き続き、静止画なのに動いて見える錯視です。 これもなかなか派手に動いて見えます。 この動いて見える錯視の制作にはいくつかポイントがあります。 色の組み合わせやオブジェクトの形状など より強く錯視効果を出すための規則性はあるので…

まだまだ動きます!

引き続き、静止画なのに動いて見える錯視です。 お仕事の依頼の際もいろいろと実験しながら制作するので 未発表のままお蔵入りするにはちょっと勿体無い、 そんな作品をこちらでご紹介しています。 なるべく大きく表示すると効果が強くなります。 ↓他にも錯…

夏は花火!

夏の風物詩といえば花火ですね。 でも今年の盆休みあたりは、台風の影響で 花火大会が中止になってしまった地方もあったようです。 そこでこちらで錯視の花火です。 大きく開く打ち上げ花火! 動いて見えますがもちろん静止画像です。 過ぎ行く夏をお楽しみ…

身近な錯視、シミュラクラ現象

いよいよ夏休みです。 学生の皆さんは夏休みの自由研究のテーマ、決まりましたか? 当サイトのオススメはシミュラクラ現象です。 身近にある様々な物が顔に見えてしまう錯視。 お手軽で、なおかつ結構深いのではないかと思います。 顔でないのに顔に見えるの…

いよいよ梅雨明け?

いよいよ梅雨明け?でしょうか。 どうにも蒸しますねえ。 ここで涼しげな画像を再掲。 ゆらゆら動くクラゲの絵です。 もちろん動いて見えるのは錯視効果で これは静止画像なのです。 ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・だまし絵制作の…

雨の降る日は

いやあ、なかなか梅雨が明けませんね。 大雨の災害にも気をつけないと。 そこで以前アップした画像を再掲。 動いて見える錯視、カタツムリです。 動きがゆっくりなのでカタツムリは良いモチーフですね。 ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯…

動いて見える青い鳥

久しぶりに動いて見える錯視作品です。 沢山の青い鳥が飛んでいます。 上下方向に動いて見えますが、もちろんこれは静止画像。 アニメーションではありません。 ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍でし…

ジャングルのサル

今日のエントリーは猿をモチーフにした錯視です。 ロープにぶら下がる4匹のサル君たち。 ぶらぶら揺れて傾いて見えます? でも本当は全部まっすぐ下がっているだけなんです。 ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・だまし絵制作のおまけた…

もう一つステレオグラム!

ちょっと続いております、写真のステレオグラム。 写真で上手く作るコツを飲み込めたのが原因です(笑) ではこちら。 いかがでしょう? 迫力あるパワーショベルが見えるでしょうか? 二枚の画像をぼんやり眺め、 三枚に見えるあたりの焦点に合わせてくださ…

公園の風景を立体的にお見せします。

左右視差と脳の働きを利用して 平面画像を立体的に見せる錯視がステレオグラムです。 ちょっとコツがいるのですが 3Dメガネなどを必要としない手軽さがいいですね。 このタイプのステレオグラムは 2枚の画像が3枚に見えるぐらいに ぼんやり眺めるとちょうど…

平成から令和時代へ!

いよいよ新元号ですね。 そこで今回はダブルイメージ錯視で 時代の移り変わりを表現してみました。 近くから見ると「平成」、 離れて見ると「令和」が見えてきます。 ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍…

錯視サイン

一時ニュースにもなった「錯視サイン」を見てきました。 場所は羽田空港国際線到着フロアの京急線改札口付近です。 立ち上がったような看板、床に大穴の矢印です。 これはいわゆる3Dアートの仕組みで ある一定の場所から立体的に見える仕組みです。 道路に使…

錯視でお花見

春ですね。 桜の便りも聞こえてきました。 錯視でお花見を楽しみましょう。 ということで以前の作品を再掲。 ぼーっと眺めると桜吹雪が舞い散って動いて見えます。 ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍で…

平成時代

平成時代もまもなく終わり、新しい年号に変わります。 おまけたらふく舎のメンバーは昭和生まれなので 時代を二つまたぐことになり感慨深いものがありますね。 平成をテーマになにか錯視を、と思ったのですが これがなかなか難しい。 仕方ないので「平成」と…

不思議な造形

以前にもアップしたことがあったように思いますが 先日いただいた野菜に不思議な造形を見たのでご報告。 ロマネスコという野菜です。 カリフラワーやブロッコリーの近縁種です。 規則的な螺旋を繰り返す「フラクタル」という 数学的規則性をもった不思議な造…

雑誌連載のお知らせ

農業関係の方はご存知だと思いますが「家の光」という月刊誌があります。 時折勘違いされる方もいるようですが、おかしな宗教関係ではありません。 JA(農協)グループで出版している雑誌で、農業関係以外の一般の方はあまり馴染みがないせいかもしれません…

逆さまの認識力

人間の目と脳は非常に優れた認識能力がありますが 「対象物が逆さま」の場合、ちょっとした混乱を起こす場合があります。 まず、こちらをごらんください。 ある言葉を逆さまに貼り付けました。 非常に簡単な単語ですが、上下が逆になっただけで とても読みに…

動いて見える錯覚

静止画なのに動いて見える錯視作品です。 まずこちらの画像をご覧ください。 すでに動いて見える方はそれで良いのですが 時折、効果がいまひとつの方もおられます。 (錯視は個人差もあるのです) いまひとつの方は、この画像のカタツムリの中から 一匹だけ…

映画の中の錯視

今日はいつもと違って映画のお話です。 映画やテレビで「特殊撮影」などというものがありますね。 今時はCGでいろいろ出来てしまうので、 錯視やだまし絵の技術をアナログに応用することは少なくなりました。 さてそんな昨今、深夜のテレビで懐かしい映画を…

顔に見えて仕方ない

はい、顔でないものが顔に見えてしまう錯視、 シミュラクラ現象です。 以前にも缶詰のフタが顔に見えてしまう記事をアップしましたが 今回はより顔っぽい缶詰のフタです。 以前のものは大きく口を開けた笑顔でしたが 今回は「眉毛」がキュートですね。 ↓他に…

謹賀新年

あけましておめでとうございます。 本年もおまけたらふく舎を宜しくお願いいたします。 ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍でした。

今年も残す所あとわずか。

寒くなりましたね〜。 さて、この季節みんな悩むのが年賀状です。 なかなか良いアイデアが出ない、そんなあなたに おまけたらふく舎から一足早いお年玉です。 新年はおめでタイ、ということでタイが動いて見える錯視年賀状素材です。 個人使用に限りフリーと…

建物の中のシミュラクラ現象

またしてもシミュラクラ現象です。 ほぼライフワークと言っても過言ではありません(笑) とあるビルの中で見つけました。 防火設備なのですが、ランプと非常ベルのボタン、 左右の「目」にあたるパンチングの穴があいたところ、 これはなんでしょうかね? …

フジテレビにて。

フジテレビの番組、 梅沢富美男のズバッと聞きます!(11月28日放送)に おまけたらふく舎がコンテンツをご提供しました。 www.fujitv.co.jp 事前告知、また出来ませんでしたが 皆さん、ご覧になったかな????? 脳トレに有効な「アノ画像」が使われまし…

フリーマガジン「HOPE by NewsPicks」にコンテンツご提供!

タブロイド判フリーマガジン「HOPE by NewsPicks」第2号に おまけたらふく舎の錯視コンテンツをご提供しました。 「ビジネスは希望を創る」というテーマのフリーマガジンです。 オフィス街やシェアオフィス・コワーキングスペースなどで無料配布されている…

久しぶりの番組です

告知を忘れておりました。 TV東京系列「ポケモンの家あつまる?」です。 11月11日放送・・・・・すでにOA終わっています、すみません。 街の中に文字を隠すトリックコンテンツを担当しました。 かなり盛り上がった、かな? ↓他にも錯視やトリックイラスト作…

もうすぐ冬ですね

気がつけばそろそろ初雪の便りが届く季節です。 最近は春と秋が短くて、夏が終わったと思ったら あっという間に冬になっているような気がします。 さて、ずいぶん前に作ったものですが再掲。 大きさの錯視です。 三つの雪だるま、すべて同じ大きさなのに 全…

ストライプに隠れているのは?

今日は隠し絵。 というか、あまり隠れていませんが。 隠れているというより オオウチ錯視的に浮かび上がって見える方が不思議かもしれません。 ↓他にも錯視やトリックイラスト作品を多数展示中。 錯視・だまし絵制作のおまけたらふく舍でした。